So-net無料ブログ作成


聖職者が性職者に変わりゆく世の中 [事件・事故]

新田次郎氏の「聖職の碑」という小説はご存知でしょうか。
大正時代に、長野県の中箕輪高等小学校で実施された木曽駒ヶ岳登山の際
山頂の山小屋で宿泊するはずだったものの台風による天候の悪化と山小屋
が火災のために機能していなかったことから、悪天候の中を下山するしか
ないという状況に陥り、生徒25名と教師3名の内11名が亡くなる遭難
事件が起きた実話に基づき、生徒を助けるために自らの命を投げ出す教師
の行動を書いた作品です。


実態は聖職というよりは、こっちが近いかも。

こういうことのあるなしに関わらず、日本では以前から教師は聖職者だと
され、尊敬を集める職業だったものでしたが、現在では生徒たちと接する
という立場を利用して生徒の盗撮や淫行、さらには生徒の盗撮映像を売る
児童ポルノにまで手を染める性職者が増加している事実があります。

続きを読む


Check(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース


Copyright (c) 2008-2015 suzuran All right reserved