So-net無料ブログ作成
検索選択


サターンアタックの実現性 [戦争・紛争]

1996年公開なので20年以上も前のアメリカ映画なんですが、火星人
が地球侵略にやってきて、当初は友好的な態度を示していながら歓迎式典
で、平和の象徴の鳩が空に放たれるのと同時に生き物を骸骨化する光線銃
を使って地球人に対して攻撃を開始するという内容でした。



膨大な地球人が殺害されるわけですが、一瞬にして緑色の骸骨になるため
残虐性は感じられないというか、そもそもコメディ映画として製作されて
いるだけにアメリカ大統領をはじめとして政権幹部は間抜けで、軍人達も
有効な対抗策を見つけられないままなんですが、偶然によって火星人たち
を倒すのに有効な手段が見つかって地球は守られるという映画です。

続きを読む



Copyright (c) 2008-2015 suzuran All right reserved