So-net無料ブログ作成


海外で最も暮らしやすい国 [海外の話題]

戦争がしたくて仕方がない安倍晋三という総理大臣が、無知と無謀以外に
何一つも持ち合わせていないアメリカのトランプという支持率30%台の
間抜けな大統領と一緒になって日本をダメな国にしようとしています。

ABE_shinzo.jpg


税金は上げ続け、福祉は切り下げ続け、年金支給は当てがなく、健康保険
の自己負担率は上がり続けるという国民不在の方向性を掲げ、そのくせに
自分のお友達の経営する大学には破格の条件で優遇するというでたらめな
ことをしていますが、そんな馬鹿を支持するという人間が25%ほど存在
するというのもまた酷い話だなと思います。


だからといってバカな総理に百歩譲って自分が海外に移住するなんてこと
はしようと思いませんが、自然災害が多く、安全性が確立していない原発
が稼働している国ですからね、最悪の場合を想定して移住まではしないと
しても一時的にでも海外で暮らすことをリスク管理として考えることは、
重要なことではないかと思うので、海外居住者の交流を促進している世界
規模のネットワークが実施したアンケート結果に基づいて、海外で生活が
しやすいとされている国の情報を見てみました。

10位はスペイン
いろんな調査結果を見てもスペインという国名はよく出てきますね。
今のところはカタルーニャ地方の独立問題で、ちょっと殺伐とした雰囲気
になっていますが、基本的には大きな事件の少ない国だと思います。

Spain_pr.jpg

9位はシンガポール
東南アジアの中では絶対的に安全な国だと評価されています。
教育の質も高く生活品質も高い国ですが、シンガポール人は基本的に肉体
労働をしない国で、道路工事などは他の東南アジアから出稼ぎに来ている
外国人というちょっといびつな国でもあるので個人的にはシンガポールに
住みたいとは思いません。

singapore-pr.jpg

8位はコロンビア
コカインの密売組織が軍隊並みの戦力を保持していましたが、組織の解体
が進んで一時期ほどの治安の悪さはないとはされていますが日本と比較を
すれば、やはり安全性では問題はあると思います。
相対的に南米各国は女性が美人が多いという見方があるので独身者の人が
住むには良いかも知れませんね。

Columbia_pr.jpg

7位はマルタ
仕事はあるけど賃金は低いと見られているようです。
地中海の小国ですから経済面を取るよりも生活品質の向上を優先する人は
良いんじゃないでしょうか。

Malta_pr.jpg

6位はニュージーランド
日本人で海外居住を目指す人の多くが済むならばニュージーランドが良い
と言いますが、残念なことに外国人に対する不動産売買が近いうちに禁止
になるという話があるので、本気で移住を考えている人には悪い話という
ことになるでしょうね。

New Zealand_pr.jpg

5位はポルトガル
スペインと同じく温暖な気候で、物価も安定している上、軍事衝突の懸念
もほとんどない平和な国です。
海外からの居住者の93%がポルトガルでの暮らしに満足だそうです。

Portugal_pr.jpg

4位は台湾
健康と福祉で対象国の中で一位になっています。
あまり台湾で住むという話は聞きませんが、台湾の企業を相手にビジネス
をしている人は老後は台湾で暮らしたいと考える人が多いようです。
温暖な気候と中国との関係改善で危機感はない国ですが、地震が多いのは
日本並みですからね、そこをどう見るかでしょうね。

taiwan_pr.jpg

3位はメキシコ
気候とフレンドリーな国民性、生活費の安さが高評価な反面、麻薬組織が
肥大化して軍隊、警察と全面戦闘状態にある部分が不安ですね。
生きたまま両手と両足を切断されて道路上に放置されているとか、そんな
麻薬組織の矛先が自分の方を向いたらと考えると躊躇します。

mexico_pr.jpg

2位はコスタリカ
いくつもの島々かあり、その中には恐竜の棲むサイトAやサイトBがあり
近付くとプテラノドンに襲われたりします…当然そんなことはありません
が、ジュラシックパークではそういう設定になっています。
友人の見つけやすさが世界で一位のようです。

Costa Rica_pr.jpg

1位はバーレーン
住むにも働くにも活気のある国ということで英語が喋れなくてもなんとか
生活していくことが出来る国のようです。
その他のアラブ諸国と同じくイスラム教の戒律はあると思いますし、特に
女性が戸外で活動するには制約が多いんじゃないかな。

bahrain-pr.jpg

仕事があるならいっそのこと台湾よりもバーレーンかなと思いました。

いろいろな見方で評価されているので、日本人の感性として意味がないと
いう場合もあれば、日本人だからこそ気に入る場面があるかもですね。
ということで、いろんな国を紹介しましたが一般的な見方ではなく転居
移住を本気で考えている人が考えていることなので意味深だと思います。






Check(13)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント


Copyright (c) 2008-2015 suzuran All right reserved