So-net無料ブログ作成
検索選択


飛行機でもっとも嫌われている飲み物 [航空鉄道関係]

キャビンアテンダントが機内サービスで、もっとも提供したくない飲み物
はなんでしょう?という話題を見つけましたので、それは一体なんだろう
と続きを読んでみたら、ダイエットコーラなんだそうです。

炭酸飲料は元々、気圧の低い航空機内では地上よりも噴き出しやすいので
国際線で缶ビールを頼んでいる人を見ると、必ず、タオルで開け口の部分
を覆ってからキャビンアテンダントがプルトップを開けてから、頼んだ人
に渡しています。

diet_drink.jpg

あれをもしも普通に蓋を開けないで渡したら、どん臭い乗客が天井まで泡
を噴き上げて大騒ぎになるのは想像の範囲内ですので、缶のままで欲しい
と言っても普通はもらえないと思います。


世の中には、せこい人がいて無料でもらえる缶ビールを持ち帰ろうとして
蓋を開けずにビールを持ってきてと言っている人がいますが、そのような
要望が聞き入れられている様子は見たことがありません。
※そこまでして航空チケットの元を取ろうという人は多分、海外旅行など
 行かない方が良いと思います。(恥をさらしに行くだけです)

話をダイエットコーラに戻しますが、ダイエットコーラはノンシュガーで
あるが故のダイエットですから、砂糖に代わる甘味料が使われていますが
この甘味料こそが激しく泡立つ原因なわけですね。

CA_drink-1.jpg

タイトルは嫌われている飲み物にしましたが、健康志向の広がりによって
逆に泡の立ちやすいダイエットコーラを頼む人は多いみたいですが、泡が
なかなか消えないので、キャビンアテンダントの仕事として飲み物を客室
でサービスする時に歓迎されないのがダイエットコーラということです。

実際には砂糖に代わって配合されているアスパルテームや甘草等の甘味料
は舌が甘さを感じた時点で脳が砂糖と勘違いをするので、カロリー面では
ローカロリーですが、糖尿病などの場合にはノンシュガーだから血糖値に
響かないと言い切れない面があるという研究結果もあるので、ダイエット
を喧伝するから大丈夫という考え方は捨てた方が良いみたいです。

CA_drink-2.jpg

もっと言うと砂糖による体への悪影響よりも、遺伝子レベルで考えた場合
人工甘味料の方が発がん性などのリスクは高いみたいですので、美味しい
と感じないなら、あえてダイエットタイプの飲料を飲む必要はないのでは
なんて思っています。

カロリーゼロにだまされるな―――本当は怖い人工甘味料の裏側
カロリーゼロにだまされるな―――本当は怖い人工甘味料の裏側大西 睦子

ダイヤモンド社 2013-09-28
売り上げランキング : 277202

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ハーバード大学で研究した医師の警告 健康でいたければ 「それ」は食べるな スイート・ポイズン―本当は恐ろしい人工甘味料「アスパルテーム」の話 「カロリーゼロ」はかえって太る! (講談社+α新書) 食品の裏側―みんな大好きな食品添加物 飲みものの危険度調べました (三才ムックvol.685) 食品の裏側2 実態編: やっぱり大好き食品添加物 Tarzan(ターザン) 2017年 3月23日号[気になる 糖との賢いつきあい方] 腸科学 健康な人生を支える細菌の育て方 肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい 「安い食べ物」には何かがある: 生鮮食品、加工品、輸入品、原材料、添加物……ここだけはチェック (単行本)



Check(16)  コメント(0) 

nice! 16

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント


Copyright (c) 2008-2015 suzuran All right reserved