So-net無料ブログ作成
検索選択


抵抗する奴は殺せという大統領 [海外の話題]

インドネシアの大統領が海外から麻薬の密輸を目的に入国している犯罪者
を拘束する際に、抵抗するようなら発砲しなさいと話したことで、国内に
留まらず海外でも問題発言として取り上げられています。

Indonesia_president.jpg

同じASEANの仲間であるフィリピンでドゥテルテ大統領が麻薬密売人
を約3000人殺害して、一定の成果を上げているというのも、この発言
に影響していると思いますが、人口2億5000万人の国に麻薬中毒者が
600万人いるという事実を突きつけられたら、麻薬密輸に関与した人を
その場で射殺することを許すという気持ちは理解できます。


Indonesia_drug-4.jpg.jpg

単純に考えたら250人のうち6人の割合で麻薬中毒者がいるわけなので
例えは良くないですが、東京ドームに満員の五万人が入ったとして考える
と1200人が麻薬中毒者という割合です。

Indonesia_drug-1.jpg

そのように計算するとインドネシアで薬物が蔓延している実態がイメージ
しやすいのではないかと思います。

インドネシアはシンガポールやマレーシアと同じく一定量以上の麻薬類を
所持していると死刑判決が出る国なんですが、どういうわけかマレーシア
やシンガポールのように徹底的な薬物に対する掃討活動が行われていない
ということに対して、捜査を担当する警察官が徹底的に対処していないと
いう部分について大統領の怒りが沸点に達したということのようです。

海外からはフィリピンと同じ方針を打ち出したことに対して、麻薬犯罪者
であっても容疑者の段階で射殺することは乱暴すぎる、という批判が多い
のは想定済みだと思いますし、当事国でもないのに何が分かるという怒り
の感情もかなり強いのではないかと思います。

Indonesia_drug-2.jpg

個人的には麻薬の密売をするような人間はドンドン射殺することに大賛成
ですが、恣意的に犯罪者を作り出して殺害することを検証する組織を作り
冤罪で射殺されることのないような気遣いが必要です。

Indonesia_drug-3.jpg.jpg

若いカップルの女性に警察官が横恋慕して男性を陥れるための方法を画策
して、女性を拘束した上で男性のポケット(隙を見て入れた場合)を捜索
してから覚醒剤を引っ張り出してをその場で射殺するなんてことが可能で
あることはどう考えても問題なので、そのあたりだけしっかりと運用する
監視役が必要なのではないかと思います。

麻取や、ガサじゃ!―麻薬Gメン最前線の記録
麻取や、ガサじゃ!―麻薬Gメン最前線の記録高濱 良次

清流出版 2011-01
売り上げランキング : 514836

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
([ふ]4-1)マトリガール (ポプラ文庫) 新版 覚せい剤犯罪の捜査実務101問 改訂 白い粉の誘惑 ~麻薬Gメン捕物帖~ (宝島SUGOI文庫) 刑事ドラマ・ミステリーがよくわかる 警察入門 捜査現場編 (じっぴコンパクト新書) ドラッグの教科書 実録ドラッグ・リポート 覚せい剤Q&A―捜査官のための化学ガイド 〈麻薬〉のすべて (講談社現代新書) 刑事ドラマ・ミステリーがよくわかる 警察入門 (じっぴコンパクト新書) 危険ドラッグ 半グレの闇稼業 (角川新書)



Check(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました


Copyright (c) 2008-2015 suzuran All right reserved