So-net無料ブログ作成
検索選択


同じ命の値段に差がつく理由は? [事件・事故]

パキスタンで石油を積載したタンクローリーが横転し、漏れ出した石油が
爆発して住民が死傷した事故で、タンクローリーを運行していたシェルの
現地子会社に対して日本円で約2億7千万円の損害賠償と罰金の支払い
命じられたということです。

pakistan-tanker-lorry-explosion-1.jpg

事故後の調査により、タンクローリーの安全検査は全くされていなかった
ことがわかり、さらに搭載貨物の重量を支えるための車軸が5本なければ
ならないところ、4本だったとか安全基準の適合証明書も偽造だったこと
が判明して、そもそも危険物を安全に運べる車の状態ではなかったことが
事故の原因だったことになります。


pakistan-tanker-lorry-explosion-2.jpg

国道を走行中にタンクローリーが横転して、石油が漏れ出したら日本での
常識ならばできるだけ遠くへ一目散に逃げるという方向に考えるだろうと
思いますが、バケツや鍋を持って集まった人たちは、もしも火が点いたら
ということを考えなかったのかが不思議ですが、さらに危険性を考えない
一人の男が煙草に火を点けたことにより218人の人が亡くなりました。

pakistan-tanker-lorry-explosion-3.jpg

218人の人が亡くなり、他に火傷を負った人が50人とも100人とも
言われている大きな事故で、罰金を含めて約2億7000万円の支払いを
命じたという話に戻るわけですが、罰金が1000万円で残りが賠償金と
いうことは一人当たりになるとどうなるか?なんですよね。

内訳についても明確に決められていて死者は約100万円、負傷者の場合
は約50万円で合計は約2億6000万円になるようです。

日本で同じ規模の事故が起きたとしたら死者は1億円、負傷者は5千万円
というのは多すぎるとしても扶養家族がいて、30代から40代で家計
支えている人だとしたら1億円の賠償額は妥当と思われます。

pakistan-tanker-lorry-explosion-4.jpg

pakistan-tanker-lorry-explosion-5.jpg

日本はパキスタンよりも100倍も物価が高いでしょうか。
例えば1万円の自転車はパキスタンでは100円で買えるでしょうか。
200円の牛乳はパキスタンでは2円なのでしょうか?
そんなことはないと思います。

命の値段ってなんなんだろう?と思うわけです。
日本でもパキスタンでも、親が子供に対して感じる愛情は同じはずです。
大切な人と一緒に暮らしていきたいと感じて、二人で一緒に目覚め、二人
で一緒に床に就くという日々の幸せは同じはずです。

物価の違いは100倍もないのに命の値段は100分の一という不条理が
世界のどこかで事故が起きる度に発生しているわけですね。

そういう部分をどちらに合わせるという話をしたら永遠に結論は出ないと
思いますが、地球は一つという見方をする中で、みんなが考えるべきこと
の一つではないかと思います。

ためらいのリアル医療倫理 ~命の価値は等しいか? (生きる技術!叢書)
ためらいのリアル医療倫理 ~命の価値は等しいか? (生きる技術!叢書)岩田 健太郎

技術評論社 2011-09-23
売り上げランキング : 493037

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
脳から見たリハビリ治療―脳卒中の麻痺を治す新しいリハビリの考え方 (ブルーバックス) 理学療法士まるごとガイド[第3版] (まるごとガイドシリーズ) 「患者様」が医療を壊す (新潮選書) 感染症は実在しない―構造構成的感染症学 「感染症パニック」を防げ!  リスク・コミュニケーション入門 (光文社新書) 思考としての感染症思想としての感染症 絶対に、医者に殺されない47の心得 医療につける薬: 内田樹・鷲田清一に聞く (筑摩選書) 理学療法士まるごとガイド[改訂版] (まるごとガイドシリーズ) 99・9%が誤用の抗生物質 医者も知らないホントの話 (光文社新書)



Check(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました


Copyright (c) 2008-2015 suzuran All right reserved