So-net無料ブログ作成
検索選択


素材の進化で最先端の義肢が完成 [海外の話題]

アメリカで腕を切断した退役軍人を対象に開発が続けられていた最先端の
義肢「ルーク・アーム」がお披露目されました。

過去からのスター・ウォーズを見ている人なら知っているとは思いますが
ルークが帝国のスペースシップ内で、ダースベイダーとライトセーバーで
闘った時に、右腕を切り落とされる場面がありました。



その切断された右腕の部分にロボットアームが取り付けられ、元々の腕と
同様に自在に使えるというシーンもありましたが、物語の中での重要性は
あまりありませんでしたから、ルーク・スカイウォーカーの右手は義手と
いうことを知らない人が意外に多かったりするかも知れませんね。




このルークの義手が非常に高性能である(映画の中での話であって実物が
あるわけではありませんが)ことから、新しく開発されたロボットアーム
に「ルーク・アーム」という名前が付けられ実演会が開催されました。



卵のように強い力で握ったら割れてしまうようなモノから、指先でつまむ
ブドウの一粒までを器用につまむことが出来て、手でつかみ、肘の捻りで
ネジをねじ込むという複雑なねじ回しを扱うことの出来るルーク・アーム
は義肢としては最先端の機能を持つ高性能なものになります。

開発の主体がアメリカ国防総省ということで、ルーク・アームを優先的に
受け取ることが出来るのはイラクやアフガニスタンなどの紛争地帯に従軍
して手足を失う怪我をした約1600人の元兵士ということになりますが
年間で製造可能なのが数十セットということなので、交通事故や労災事故
で義肢を必要とする人にまで順番が回るのは、数十年後なんてことになる
計算になりますからね、医療機器の会社と共同事業を起こすなどの協業を
進めて、アメリカ以外の国の人にも供給できるようになれば、より多くの
人が恩恵を受けられるのではないでしょうか。

価格の面では1セット10万ドル(約1100万円)と高額になりますが
軍人の補償、交通事故の保険などによって賄える制度を作ることによって
体の機能を取り戻しことが出来れば、単純に金銭で補償されるよりも生活
に張りが出てくるのではないかとも思いますが、手足を無くすことにより
失意のどん底にある人にとっては金銭面の補償が優先される場合も、当然
あるかと思いますので、一律にすることは難しいだろうなとも思います。

日本でもライセンス生産できるようになれば、手足を失くした人の生活面
での選択肢が増えるのは確実だと思いますので、QOLの一環として製造
と普及に挑戦する会社が現れることを期待したいです。

コンビニのない町の義肢メーカーに届く感謝の手紙
コンビニのない町の義肢メーカーに届く感謝の手紙中村 俊郎

日本文芸社 2011-05-27
売り上げランキング : 485106

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
義肢装具士まるごとガイド―資格のとり方・しごとのすべて (まるごとガイドシリーズ) ラッキーガール (集英社文庫) ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み 義足ランナー: 義肢装具士の奇跡の挑戦 ラスト・ワン Tarzan特別編集 パラアスリートJAPAN 究極のスポーツギア (マガジンハウスムック) デービッド・アトキンソン 新・観光立国論 群言堂の根のある暮らし―しあわせな田舎石見銀山から カーボン・アスリート 美しい義足に描く夢



Check(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 14

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました


Copyright (c) 2008-2015 suzuran All right reserved