So-net無料ブログ作成
検索選択


サターンアタックの実現性 [戦争・紛争]

1996年公開なので20年以上も前のアメリカ映画なんですが、火星人
が地球侵略にやってきて、当初は友好的な態度を示していながら歓迎式典
で、平和の象徴の鳩が空に放たれるのと同時に生き物を骸骨化する光線銃
を使って地球人に対して攻撃を開始するという内容でした。



膨大な地球人が殺害されるわけですが、一瞬にして緑色の骸骨になるため
残虐性は感じられないというか、そもそもコメディ映画として製作されて
いるだけにアメリカ大統領をはじめとして政権幹部は間抜けで、軍人達も
有効な対抗策を見つけられないままなんですが、偶然によって火星人たち
を倒すのに有効な手段が見つかって地球は守られるという映画です。


脳がむき出しの頭に金魚鉢のような宇宙服を着ていますが、スローテンポ
音楽を聴くと(曲名はSlim WhitmanのIndian Love Call)脳がポンポン
と爆発して火星人たちは憤死するわけです。



この映画がコメディである前提は火星人はいないという常識です。
映画が製作された当時から比べると火星探査は進んで、火星人の存在自体
を肯定するものはありませんが、ネズミのような生き物らしき影が映った
とか人工的な造形物があるなんて話はあって、以前は火星人が住んでいた
とか生物は存在しているのではないかという見方もあります。

そんな中で、火星よりももっと地球から離れている土星の衛星の中の一つ
エンケラドスで、厚い氷に覆われた海から噴出した水蒸気の中から、水素
分子を検出したことが発表されました。

Enceladus-1.jpg

エンケラドスでは水素を含んだ大量の熱水が海底から噴出しているものの
海水の表面は厚い氷で覆われていることから、海の中は太陽の紫外線など
の影響を受けることなく生物が生きていける環境が保たれているという説
を完全に否定することは出来ないわけです。

Enceladus-2.jpg

水素は微生物のエネルギーとなり、微生物はより大きな生物の食料となり
その中に海底都市を建設する人間がいたとしても現在の観測能力では発見
することは出来ません。

Enceladus-3.jpg

もしも、海底都市に住んでいる半魚人が地球人以上の科学力を持っていて
マーズアタックのように地球侵略を考えたら、地球人はそれに対抗する力
を持っているのでしょうか?

海底で生活できるだけの科学力があれば、地球に向かって大型宇宙艦隊を
派遣することも不可能ではないかも知れません。

一つの地球の中で揉めている愚かな指導者が何人もいるようでは、宇宙の
彼方から来た敵に勝てるとは思えませんので、もっと冷静に物事を考えて
行動できる真の意味での指導者を求めたいです。

増補改訂版 眠れなくなる宇宙のはなし
増補改訂版 眠れなくなる宇宙のはなし佐藤 勝彦

宝島社 2016-09-17
売り上げランキング : 23553

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ますます眠れなくなる宇宙のはなし〜「地球外生命」は存在するのか 「相対性理論」を楽しむ本―よくわかるアインシュタインの不思議な世界 (PHP文庫) 絵本 眠れなくなる宇宙のはなし (講談社の創作絵本) 宇宙138億年の謎を楽しむ本 星の誕生から重力波、暗黒物質まで (PHP文庫) 宇宙の誕生と終焉 (サイエンス・アイ新書) 大人も子どもも夢中になる はじめての宇宙の話 宇宙に「終わり」はあるのか 最新宇宙論が描く、誕生から「10の100乗年」後まで (ブルーバックス) 宇宙は無数にあるのか (集英社新書) 「量子論」を楽しむ本―ミクロの世界から宇宙まで最先端物理学が図解でわかる! (PHP文庫) 世界で一番美しい深宇宙図鑑: 太陽系から宇宙の果てまで



Check(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 19

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。


Copyright (c) 2008-2015 suzuran All right reserved