So-net無料ブログ作成
検索選択


インドは近付いてはいけない国だと思う [海外の話題]

週に一度ぐらいのペースで女性が強姦されて殺されたとか、生きたままで
火を点けられたとか、結婚を申し込んで断られたという理由で酸をかけた
なんて野獣以下の蛮行を働いた男のニュースが流れているインド。

一昔前はなんでもありの国だと言われるぐらいに無法地帯のようなところ
で、悪名高いカースト制(廃止になるとか言いながら結局は今でも普通に
残っています)があったり、ガンジス川の河原で遺体を野焼きする風習が
当然のように続いているとか、女性を売買する市場があったりしましたが
IT技術教育をいち早く取り入れて、先進国のアウトソーシングを一手に
引き受けるようになって近代化が進んだというのが最近の見方でした。

ところが冒頭に書いたような男尊女卑、階級差別、名誉殺人など悪い意味
での伝統を引き継ぐような事件が続いている上、政府関係者による汚職や
飛行機の操縦を間違えて墜落させるなど、ハイテク技術の進歩に順応性の
ある優秀な民族だと自画自賛していた割にはケアレスミスが多く、政治の
近代化もたいして進んでいない現状が見えてきています。


india-rape-17-2.jpg

そんなインドで今度は女子の寄宿舎で学寮長(女性)が、寄宿舎の女生徒
全員を裸にするという事件が起きました。

寄宿舎のバスルームに数滴の血痕が見つかったため、生理の血痕なのかを
確認するために全員の服を脱がせたということで、学寮長は女生徒たちに
異常がないかを確認したかっただけだと釈明したようですが、それならば
全員を裸にしなくても全員に怪我がないかを確認すれば、それで良かった
というだけのことで、いくら女子ばかりでも全員がいる場所で服を脱げと
いう命令は女生徒の人権を著しく軽視していると思いますが、インド発の
ニュースで人権なんて言葉は出てきたことがありません。

ここ最近でも南部のリゾートでは二人組の男がドイツから観光にきた女性
を強姦する事件があったばかりですし、男の子が欲しかったという父親が
女の子を生き埋めにする事件もありました。

india-rape-17-1.jpg

交際を禁止していた少年と会ったというだけの理由で自分の娘を名誉殺人
で殺した父親が逮捕され、アイルランド人の女性は強姦されて殺害され、
裸のままで捨てられていました。

india-rape-17-3.jpg

過去には女性ばかりではなく日本人の男性がリンチされて殺害されている
国でもありますからね、少なくとも女性が行くところではないと思います
し、男性であっても余程の用件がなければ行かない方が良いと思います。

新版 インドを知る事典
新版 インドを知る事典山下 博司 岡光 信子

東京出版 2016-08-26
売り上げランキング : 292096

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
すごいインドビジネス (日経プレミアシリーズ) インドビジネス40年戦記 インド人とのつきあい方―インドの常識とビジネスの奥義 D28 地球の歩き方 インド 2016~2017 図解 インドビジネスマップ―主要企業と業界地図 (B&Tブックス) 改訂版 インドのことがマンガで3時間でわかる本 (アスカビジネス) デリー勤務を命ず 辞令が出たら読むビジネス版インドの歩き方 インド人の「力」 (講談社現代新書) インド財閥のすべて (平凡社新書) インド、大国化への道。



Check(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 20

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。


Copyright (c) 2008-2015 suzuran All right reserved