So-net無料ブログ作成
検索選択


健康食品としての蕎麦の効用 [ヘルスケア]

蕎麦の成分とか健康面での影響という話になると、一昔前には健康食材の
代表格みたいな取り上げられ方をされていたこともありますが、最近では
アレルゲン(蕎麦アレルギー)としての悪い面ばかりが強調される状況で
蕎麦の有用な面については取り上げられることが少なくなっていますので
世間の流れに逆らうわけでもありませんが、蕎麦の有用な面について簡単
にまとめるようにしてみます。

soba_noodle.jpg

蕎麦は中国西南部を起源としたタデ科の一年生植物で、日本には千年以上
も昔に、朝鮮半島を経由して伝播してきました。

他の穀物(稲、麦、雑穀類)が全てイネ科なのに対し、蕎麦だけがタデ科
の植物ということで、この時点で既に他の穀類とは違っているわけです。


やせた荒地でも冷涼な土地でも、約三ヶ月で刈入れできる成長の早さから
昔の飢饉などの際には有効な救荒作物として重宝されていました。

作物として作りやすいだけでなく、そのまま蒸して蕎麦米にしたり、粉に
挽いて麺にしたり、お湯で溶いて伸ばしたものを利用するなど、数多くの
食べ方が工夫されて、飢えをしのぐためだけでなく素材としての可能性も
あったことが、現在でも重要な食材として残っている理由の一つです。

さらに食味の面だけでなく、ここ数年の研究によって蕎麦には生活習慣病
を予防する成分が含まれているため、健康面でも有効な食材であることが
わかってきました。

その役割を担う最も有効な成分としてルチンの効用があります。
ルチンは蕎麦の実の中でも、特に外皮(甘皮)の部分に多く含まれている
栄養素で、毛細血管の壁の部分にしなやかな弾力を強化し、脳内出血など
の原因となる細い血管の崩壊、破壊を防止すると共に、血圧を降下させる
ことで動脈硬化や虚血性の心臓発作を予防する効果があります。

また、脳の記憶細胞を活性化し若年層では記憶力の向上、老年層では加齢
から来る痴呆の予防にも役立つと言われています。

蛋白質についても、穀類の中では最も多くの含有量を持つ食品で特に体力
の落ちる夏場には一日一食摂ることで体力の維持向上に役立てられます。

夏バテ気味でザル蕎麦しか食べられないというと、そんなことでは夏負け
すると言われることがありますが、実はご飯を食べるよりもたくさんの量
の蛋白質やビタミン類を補給できる食品ですから、同じ麺類を食べるなら
冷麦や素麺よりも蕎麦を選んだ方が夏を元気に過ごすことが出来ます。

ただ、ルチンは蕎麦の食べ方によって、摂取量が大きく違ってくる栄養素
ですので無意識に蕎麦を食べているだけでは有効に利用できません。

蕎麦粉の中のどの辺りにルチンが多く含まれているのかというと、上品な
更科粉(真っ白な粉で、そばの中心部分から取れる)の部分ではなく外皮
や、更科粉を選別した後の二番粉と呼ばれる粉に多く含まれていますから
白っぽい更科蕎麦よりも、黒っぽい田舎蕎麦を食べた方がルチンの含有量
は多くなっていることは覚えておいた方が良いと思います。

ルチンは熱に強いものの水溶性であるという特徴がありますので、茹でた
状態で売られている冷凍麺や半加工品の蕎麦の場合だと、ルチンはすでに
流れ出してしまっていますので、鮮度の良い生麺を利用することと蕎麦を
茹でた蕎麦湯を利用すると、ルチンを効率よく摂取することが出来ます。

但し、ルチンを摂取することは蕎麦アレルギーの人にとっては命に関わる
ことですので、蕎麦アレルギーの人は今迄通りに蕎麦をされるようにして
蕎麦を茹でたお湯で茹でたうどんにも気を付けて下さいね。

そば屋 翁―僕は生涯そば打ちでいたい。 (文春文庫)そば屋 翁―僕は生涯そば打ちでいたい。 (文春文庫)
高橋 邦弘

一茶庵流 秘伝のそば打ちとつゆの仕込み方〔DVD〕~DVDでよくわかる名店の技!! (<DVD>) 蕎麦屋になりたい―実践!手打ち修業の一週間 (祥伝社新書) 蕎麦屋のしきたり (生活人新書) うまい蕎麦(日経プレミアシリーズ) 高橋邦弘の蕎麦大全

by G-Tools





Check(32)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 32

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。


Copyright (c) 2008-2015 suzuran All right reserved