So-net無料ブログ作成
検索選択


天然アユの季節が本格化 [食べ物・飲み物]

今年もアユ=香魚の季節が来ました。
全国的な標準としては6月1日から、遅いところでも7月の中旬ぐらいには
鮎の友釣りが解禁になります。

ayu-1.jpg

友釣りは約10メートル前後の長い竿を使って、おとりの鮎を泳がせ縄張り
意識の強い鮎を枝針に引っ掛けて釣り上げる日本独自の釣り方で、全国に
多くの愛好者がいる人気の釣りです。


全国規模で専門的な釣り倶楽部があるのは、他には堤防のクロダイ、渓流
でのアマゴ・ヤマメ・イワナ、池でのヘラブナ程度だと思います。

釣り愛好家の人数に比例して、天然アユの遡上も大量に活発であれば特に
問題はありませんが、河川の汚れや河口堰建設、護岸工事などによって、
鮎の遡上自体が減り続けているのが現状で天然遡上の稚魚を捕獲して安全
に成長できるまで育成されたアユや琵琶湖産、人工増殖をした稚鮎などが
トン単位で放流され釣り上げられるのを待っています。

ayu-2.jpg

さて、この時期になると量販店の鮮魚売り場でもアユが売り出されます。
一尾数千円で取引されるような純天然物は量販店で売られることは100%
ないと思いますが最近は養殖方法も進歩して見るからに養殖したアユです
という風情の魚体は淘汰されてきています。

以前は、完全に自然の川とは隔絶された養殖池で養殖されていましたから
おちょぼ口で丸々と太った肥満体のアユが多かったのですが最近は出荷前
の数日間だけではなく、一ヶ月程度は渓流の中に放流されて、天然の苔を
食べたアユが一般的になってきていますので、見た目はともかくとして、
風味は天然に近くなってきているものが多いように思います。

ayu-3.jpg

ただ、このような蓄養型の養殖が主流になるにつれて、以前は完全に川と
隔離されていたために安全だった寄生虫の問題も復活しています。

元々、アユはヨコガワキュウチュウという寄生虫の中間宿主でありアユの
刺身は危険な食べ物として排除されていましたが自然の川と完全に隔離を
されることによって寄生虫による汚染の問題が排除されて、清浄な環境で
育てられた養殖アユを安全に刺身で食べられるようにはなりました。

しかしながら、一度育成したアユを天然の川に再放流することによって、
ヨコガワキュウチュウが寄生するリスクが増えていますからアユの刺身は
天然物と同じく危険な食べ方だと思った方が良いと思います。

もちろん量販店で売られているアユを刺身にして食べようというような人
は皆無だとは思いますが、プロが調理をする料理店であっても基本的には
川魚の刺身は危険なものという認識を持つ必要はあると思います。

いくら旬であっても鮮度が良くても、寄生虫の感染には関係のないことで
あり、食べる人の注意一つの問題ですので、くれぐれもご注意下さい。

アユ釣り超思考法
アユ釣り超思考法小沢 聡

つり人社 2017-06-27
売り上げランキング : 5963

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
つり人 2017年 08 月号 [雑誌] 鮎釣り 2017―永久保存版的アユ読本 野アユ挑発の導火線!追いまくり角度の徹底探求 (別冊つり人 Vol. 440) 渓流釣り超思考法 アユ釣りマガジン 2017 2017年 05 月号 [雑誌]: 磯釣りスペシャル 増刊 最先端のアユ 友釣り秘伝 2017 (BIG1シリーズ) つり人 2017年 07 月号 [雑誌] 爆釣!アユ友釣り入門 (COSMIC MOOK) 渓流 2017夏 雨がやんだら釣りに行こう (別冊つり人 Vol. 446) 鮎釣り 最強セッション!! 激戦区の足取り (DVD) デュエル(DUEL) PEライン ARMORED FH 鮎 水中糸 24m 0.06号 ゴールデンイエロー+ブルー H4133-GYB



Check(34)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 34

コメント 7

斗夢

鮎の塩焼きを頭からガブリ・・・近年食べていません(>_<) 。
by 斗夢 (2011-06-17 09:55) 

rtfk

友釣りはずいぶん前にヤメてしまいましたが
鮎を食べるのは大好きです。
川によって微妙に姿や香りが違います。
やはり清流といわれる川のものが香りが涼やかですね。。。
by rtfk (2011-06-17 14:44) 

ときこく

鮎の塩焼きが食べたいですぅ・・・^^;
by ときこく (2011-06-17 15:32) 

suzuran

斗夢さん:
コメントありがとうございます。

頭から食べるサイズの鮎というと、小さめの天然モノでしょうか。
好きな人には本当に美味しい魚ですよね。
by suzuran (2011-06-17 17:37) 

suzuran

rtfkさん:
コメントありがとうございます。

以前に会社の予算達成のご褒美で「やな」に行きました。
鮎の刺身から始まって、背越し、塩焼き、天ぷら、甘露煮
田楽などの鮎尽くしで最後は鮎雑炊でした。

魚を食べるのが下手くそなので、半分以上は一緒に行った
パートタイマーの方々に差し上げましたが、皆さん本当に
美味しいと食べていました。

あれから十何年、長良川に河口堰が出来て鮎のレベルが
落ちたと言われています。

開発で自然界の大切なものを失う愚策を人々はいつまで
続けるのかと思うと、将来を担う子ども達が気の毒だなと
思うことがあります。
by suzuran (2011-06-17 17:42) 

suzuran

ときこくさん:
コメントありがとうございます。

最近は祭りの屋台でも鮎の塩焼きがありますね。
でも、一匹800円なんて値段が付いていて驚きました。

どう見ても養殖の冷凍物で、800円は無いだろうと
テキ屋さんに言うわけにもいきませんからね。

やはり川魚料理の店で食べるのが美味しく適切な
価格で食べることが出来ますね。
by suzuran (2011-06-17 17:45) 

笠原嘉

中華人民共和国の乱獲は許しがたき。日本も黙認
している。今に食べ物で〇争が起きないことを
祈ります。

頑張ってください。
by 笠原嘉 (2017-07-24 00:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました


Copyright (c) 2008-2015 suzuran All right reserved