So-net無料ブログ作成
検索選択


日本古来の健康食品・そば [食べ物・飲み物]

そばは、ご存知のように蕎麦という植物の種子から得られる澱粉を使った
食品ですが、稲、麦、アワ、ヒエ、キビなど、穀物の大部分が、イネ科に
属するのに対して、蕎麦だけはタデ科という別の分類に属するものです。

soba_flower.jpg

その他の穀物に比べて成長が早く、また冷涼で他の穀物が育ち難い痩せた
土壌の地域でも育成できるので、旧ソ連諸国などにおいても積極的に栽培
されています。(世界の生産量の約80%は、旧ソ連のエリア)

日本では、北海道東北地方、長野県<=信州そば>が主要な産地として
知られていますが量の多少にこだわらなければ、沖縄を除いた日本全国に
栽培地は広がっています。


そばには、米や他の麺素材と比較しても1.5倍~3倍程度のたんぱく質や、
カルシウム、ナイアシンなどを含み、雑穀類の中では最もバランスの良い
健康素材と言われています。

又、必須アミノ酸のトリプトファン、リジンの他、アスパラギン酸などの
栄養素も含まれているため、特に夏場の体力が不足しがちな時期に、そば
食べるのは体力維持の面でも有効で昔の人は体験的な知恵として夏でも
食べやすい、ざるそばを考え出したのでしょう。

その他の成分として知られているものに、ルチンという成分がありますが
これは、毛細血管を強くして動脈硬化を防ぐと共に血圧を降下させ心臓
脳血管障害、糖尿病などの、いわゆる生活習慣病を予防する効果があると
言われています。

soba_mi.jpg

このルチンという成分は、そばの種子の中心部分を製粉して作る更科粉と
呼ばれている部分よりも殻も含めた種子全体に多く含まれていますので、
上品とされている更科そばよりも、そばの種子全部を挽いて作りあげた、
田舎そばの方により多く含まれます。

田舎そばの場合は、殻の中に含まれるセミヘルロースという食物繊維も、
一緒に摂ることが出来ますので、便秘の改善にも有効ですし、そば自体の
香りも強いので、そばの美味しさを味わうには最適だと思います。

日本では大部分がそば粉に加工されて、そばとして利用されていますが、
種子を加熱して殻を取り除き、乾燥させたものは「そば米」と呼ばれて、
白米同様に主食として利用することができます。

旧ソ連で大量に収獲されているそばは主にウォッカを作る原料として利用
されていますから、日本に輸入されることはありません。

むしろ、日本向けに栽培したものを輸出をしているのは、オーストラリア
のタスマニア島産のもので、日本のそばが端境期にあたる時期には南半球
では正反対の気候になるという地球の特性を利用して、そばを育成、出荷
する体制が近年になって作られてきています。

なお、そばのさらなる利用法として重要視されているのは、蜂蜜の原料と
なる蜜源(そばの花)としての側面で旧ソ連エリアで算出されている蜂蜜
は、そばの花を蜜源にしたものが多くなっています。

但し、そばのアレルギーは人の命を奪う威力がありますので、万人向けの
健康食品ではないという欠点があるのは残念なことだと思います。

「蕎麦、そば、ソバ」の楽しき人生 (小学館101新書)「蕎麦、そば、ソバ」の楽しき人生 (小学館101新書)
永山 寛康 740

蕎麦屋のしきたり (生活人新書) 蕎麦屋になりたい―実践!手打ち修業の一週間 (祥伝社新書) うまい蕎麦(日経プレミアシリーズ) そばもん 1 (ビッグコミックス) そばもん ニッポン蕎麦行脚  2 (ビッグコミックス)

by G-Tools



Check(39)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 39

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました


Copyright (c) 2008-2015 suzuran All right reserved