So-net無料ブログ作成
検索選択


回転寿司でもマナーは必要 [モラル・マナー]

数年前のことですが、名古屋では割りと知られていたお寿司のチェーン店
が全店廃業ということがありました。

主な理由は回転寿司との競合に破れたという事のようなんですが、確かに
私の住んでいる周辺だけでも五つの回転寿司があり土日・祝日のみならず
平日でもランチ時には、結構たくさんのお客で賑わっています。

rotary_sushi-1.jpg

ここ数年は海外への進出も盛んで現地のローカルフードよりも高めの価格
設定にも関わらず、ヘルシー食材というイメージが浸透しているためか、
日本人の駐在員や観光客だけでなく現地の人にも受け入れられています。


私も一介の勤め人で、会社の中では一般職のヒトですから、当然の如く、
有り余るお金があるわけではありませんので、お寿司を食べるとなれば、
当然、回転寿司ということになります。

寿司ネタを見て、正確な産地まではわかりませんが元水産部門の人なので
大体の原価はわかりますから、ここの寿司屋は儲け過ぎだなぁ、と思えば
次には行きませんし、値段の割に良い材料を使っていると判断した場合は
また行こうという気になります。(単純なんです。)

rotary_sushi-2.JPG

回転寿司という形態は、接待費の枠を持たない人であっても、気軽に好み
のお寿司を食べる事が出来るという場を提供しましたが、別の一面として
生のものを供するという「食」の場でありながら、衛生的とは言えない、
部分を散見する場にもなっているのが残念なところだと思います。

例をあげると、一番見かけるのは取ったお皿を返す人がいますよね。

どこの回転寿司でも、取ったお皿は戻さないで下さいと書いてありますが
大体、一組(一人で来た人も、時にはそういう人はいますが、大体の場合
3人~4人のグループが多いように見受けられます。)は、お皿を取って、
グループの何人かで見て「乾いている」とか「ネタが小さい」等と言って
お皿を元に戻しているのが必ずのようにいます。

これらの事をする人が、衛生マスクをして、衛生手袋をしているのならば
問題はないかもしれませんが、実際には無防備な状態のままです。

お寿司のお皿を持って喋れば当然のように唾が飛びます。
私としては、他人の唾のエッセンスにまみれたお寿司は食べたくないので
それらのグループがいた時には、戻したお皿にマーキングをしたいぐらい
なのですが、やっている本人も店側の人もあまり(と言うか全くです。)
気に留めていないようなので衛生管理面でとても心配だと思います。

また、子ども連れというよりは、孫連れの人達に多く見かけるのですが、
ボックス席(お寿司に近い位置にある)のコンベア側に子どもを座らせる
人が割りと多いんですよね。

「はい、〇〇ちゃん、好きなものを取ってね。」なんて言っていますが、
子どもは自宅と同じような感覚でいますから、食べるわけでもない皿でも
取り上げて元に戻したり、素手で寿司の表面を触ったりしています。

以前見た人は「〇〇ちゃん、そんなの触ったらバッチイからダメ」なんて
言っていましたが、私から見たら、お宅の孫の方がかなり汚いのですが…
と言いたい気分でした。

ひどい場面では子どもが取ろうとしたお皿が、他のお皿の当たってお寿司
がコケてしまったのですが、その保護者は素手でお寿司を戻してそのまま
流そうとしていたこともありました。
※ 私の視線に気付いて、そのお皿は回収していましたが…。

公共の場である回転寿司のような場所で、子どもに好きなように選ばせる
というのは、躾という面で見たら間違っていると私は思います。

私も子どもを連れて回転寿司に行きますが、小学校の低学年までは絶対に
コンベア側には座らせませんでしたし、それがルールだと教えてました。
子どもが欲しいものがあったら親が取ってあげれば良いのです。

rotary_sushi-3.jpg

それと、話は全く違いますが回転寿司の店で注文した寿司ネタを凝視して
小さい!作り直し!と叫んでいる客を見ましたが、そのように文句を言う
つもりならば、握り一つが500円とか、1.000円の店に行くのが筋だろう?
とも思いましたが、世の中にはいろいろな人がいるものですね。

気軽で、入りやすいという利点のある回転寿司ですが、衛生面の部分では
ちょいとばかり注意が必要だと思います。

店に入ったら、まず要注意人物(グループ)のチェックをするようにして
上手に利用したいものですね。

ビッグデータまで活用 回転寿司 止まらぬ進化 週刊ダイヤモンド 特集BOOKS
ビッグデータまで活用 回転寿司 止まらぬ進化 週刊ダイヤモンド 特集BOOKS須賀 彩子 週刊ダイヤモンド編集部

ダイヤモンド社 2015-11-02
売り上げランキング : 84039

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
陣取り合戦熾烈! コンビニ三国志 週刊ダイヤモンド 特集BOOKS 家電量販サバイバル―週刊東洋経済eビジネス新書No.130 席巻! アマゾンクラウド―週刊東洋経済eビジネス新書No.136 自衛隊と軍事ビジネスの秘密 週刊ダイヤモンド 特集BOOKS 斜陽の王国 サムスン―週刊東洋経済eビジネス新書No.135 ソフトバンクの袋小路―週刊東洋経済eビジネス新書No.148 もうダマされない! 歯医者の裏側 週刊ダイヤモンド 特集BOOKS TSUTAYA 破壊と創造―週刊東洋経済eビジネス新書No.145 中国人の攻略法―週刊東洋経済eビジネス新書No.138 世界最強頭脳集団 Google―週刊東洋経済eビジネス新書No.121



Check(31)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 31

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。


Copyright (c) 2008-2015 suzuran All right reserved