So-net無料ブログ作成


子ども手当ての全額支給を断念 [政治・経済]



流れているニュースを読んでいると、女性は現実的な人が多いのに対して
男性は支給を前提に生活費を計画しているので、公約破りは問題だと主張
している人が多いような印象です。

しかし、実際のところ子ども手当の使い道としては貯蓄に回すと答えた人
が大半を占めているという現実があり、さらには、未納給食費の回収案と
して、子ども手当から差し引くという形にするという案が出たら、拒絶を
する親が続出なんて状況ですから、子ども手当を本当に子どもの養育目的
のために使っているのかは怪しいものだと思います。


子ども手当を現金支給ではなく、保育園などの利用チケットで現物支給と
いう意見が出たら、それについても拒否している状況なわけで、これまた
本当に子どものために使う意思があるのだろうかというように思います。

全額支給にこだわる人たちは、子ども手当の全額支給(26,000円)により
子どもたちの将来に、どれだけの借金が積み増されるのかを考えたことは
あるのでしょうか?

全員がそうだとは言いませんが、一部の親は自分の遊興費やレジャー費用
として使うために子ども手当を要求し、借金は自分の子どもを含めた将来
の世代につけを回そうとしているわけで、子どもからすれば、自分たちの
遊び代のために借金を増やされるなんて冗談じゃないよ、という心境だと
思いますし、借金を残した親達の世代を逆恨みして、中高年者が襲われる
なんてこともないとは言い切れないところまできていると思います。

公約だから実行しろと迫りつつ、その他の政策では民主党を支持している
わけでもないという人も多いと思いますので、公約の絶対実行に拘らずに
将来に禍根を残さずに、安心して安定した生活の出来る日本を目指して、
政策立案と実行をしていただきたいと思います。

自民党に入っても違和感があるほどに、金に汚いイメージの強い小沢一郎
が実権を握れなくなった民主党は、今こそ本来の民主党に立ち返って政治
を行ってもらいたいものです。

民主党に投票した有権者は反省するべきであると書いている自民党支持者
がいますが、現在の財政状況を招き、沖縄県の米軍駐留を既定事実化して
復帰後もほとんど放置状態だった自民党を支持していた、自分自身の責任
はどうなるのか?と思ったりしますが、こういう人は自民党こそが日本の
根幹だと信じていますから、都合の悪いことは、旧社会党や民社党などの
責任にして自分自身が反省することなんてあり得ないと思います。

個人的には反省をしてもらわなくて良いですし、誰かに対して謝る必要も
ないと思いますが、元々から個人毎の支持政党に対する思いは、それぞれ
の個人の信条として信教の自由と同じなわけで、それを他党の支持者から
反省を迫られる必要はありませんし、反省を求めることも異常なことだと
思いますが、そんな単純なことも理解できない人が実在するのが、一種の
驚きであることは確かです。

ちょっと本題からずれましたが、自民党の政策は全て日本のためになり、
民主党の政策は全て日本をダメにするという極論が、大手と呼ばれている
新聞社のコラムとして発表されていることが不思議です。

どこの政党も正論を言う場合もあれば、全く意味不明なことを言って何を
主張したいのか分からないことはあるわけで、どこかの政党の主張が全て
正しいとは限らないと思いますので、各種の政策について、個人としての
見方をして支持・不支持を個別に主張すれば良いと私は思います。

菅直人 市民運動から政治闘争へ 90年代の証言菅直人 市民運動から政治闘争へ 90年代の証言
五百旗頭 真

90年代の証言 小沢一郎 政権奪取論 大臣 増補版 (岩波新書) 90年代の証言 森喜朗 自民党と政権交代 (90年代の証言) 野中広務 権力の興亡 90年代の証言 政権交代 この国を変える

by G-Tools



Check(52)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 52

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました


Copyright (c) 2008-2015 suzuran All right reserved