So-net無料ブログ作成
検索選択


ソースかつ丼の本場はどこ? [食べ物・飲み物]

最近になって愛知県内でもソースかつ丼を出すお店が増えてきました。
以前なら名古屋と言ったら味噌カツというのが定番でしたから、それ以外
を出すようなお店は傍流扱いか、変わり者みたいな目線で見られていたと
思いますが、ソースかつ丼が全国的に知られる存在になるにつれて、地元
の味へのこだわりだけでは商売にならないと現実的に考える人が増えたと
いうことなのでしょうね。

sauce_katsudon.jpg

キャベツが細かい千切りだったり、太めの千切りだったりする違いだとか
肉の厚さの違い、ソースが甘めのとんかつソースのところもあれば、醤油
とブレンドしてある秘伝のたれ?を使っているところ、単に市販品のまま
のウスターソースをかけているところなど、材料の切り方や原料肉の選択
ソースの使い方で、いろいろな特徴を出せるところが提供側でも魅力的な
料理なのかも知れませんが、あのソースかつ丼の本場はどこなのかな?と
いうのが、ちょっとした私的な疑問になっています。


初めてソースかつ丼を食べたのは、駒ヶ岳の千畳敷カールに行った時で、
ロープウェイで雲上まで上り、大雪の残る景色を見ながら山小屋のような
ところで食べたということもあるのかも知れませんが、とても美味しいと
思ったものでした。

その時に見た観光リーフレットのようなものに、長野県駒ヶ根名物という
ように書いてあったのを見ていたので、ソースかつ丼の元祖または本場は
駒ヶ根、またはもっとエリアを広げて長野県だと思っていました。

が、群馬県の桐生の名物もソースかつ丼だという話を聞きまして、ありゃ
一体どっちが最初に地元の名物だと宣言したのかな?なんて思ったわけで
別にどっちが先だろうと構わないんですが、それぞれに何らかの特長とか
あるのか食べ比べてみるとか出来るといいのに、なんて思います。
※ ラーメンスタジアム方式で、かつ丼スタジアムとかあればいいのに。

私の住んでいるところは愛知県ですから地元のメインは当たり前のように
味噌かつ丼と言いたいところですが、実際のところ味噌カツ丼という料理
は、あまり見たことはありません。

味噌かつ丼はミニ丼形式の場合が多いので、甘味噌をかけた味噌かつ丼を
レギュラーの盛り付けで食べるのは少々多く感じる、というようなことが
あるのかも知れません。

そしてまた、一般的な煮かつのタイプは、かつの衣が吸い込んだ出し汁が
甘過ぎるのがほとんどなんで嫌なんですよ。
中には砂糖で煮たの?と聞きたくなるようなのもありませんか?

そんなわけで、味噌かつの地元であってもかつ丼を食べようと思ったら、
私はソースかつ丼を選択することが多いので、一番美味しいソースかつ丼
はどこへ行けば食べられるのだろうと思いついたんですよね。

今までに食べたので一番美味しいと思ったのは、駒ヶ根の日帰り温泉施設
に行った時に食べたもので、ソースと醤油をブレンドしたタレに少しだけ
ピリッとした辛味を加えたものが良かったです。

もしも、お奨めのソースかつ丼があったら是非とも教えて欲しいです。

オタフクソース ソースカツ丼のたれ 1200g
オタフクソース ソースカツ丼のたれ 1200g
オタフクソース
売り上げランキング : 67967

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ミツカン 天丼のたれストレート 1200g ダイショー 厨房王 かつ丼のたれ 1.2kg オタフクソース かつめしのたれ 1150g 大黒屋 なにわ名物串かつソース 1800ml ナガノトマト みそカツソース 1085g ミツカン アジアンソース 油淋鶏 1110g ソースカツ丼のたれ 1.8L オタフクソース 甘酢あんかけのたれ 340gPET×2個 ユウキ 四川豆板醤 1kg ミツカン 惣菜庵てりやきのたれ 1230g



Check(24)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 24

コメント 8

くまら

え、福井じゃないんですか?
by くまら (2010-01-23 23:43) 

suzuran

くまらさん:
コメントありがとうございます。

私が最初に聞いたのは長野県の駒ケ根でした。
だから、わざわざ高速道路を使って駒ヶ根まで出かけたのでした。

ところが、別の人が言うには群馬県の桐生市こそが本場であると
いうことで、これまた桐生市まで出かけましたが、ソースかつ丼の
有名なお店が臨時休業になっていて、食べられませんでした。

と思っていたら、福井が発祥の地であるという話を聞きました。
なんてことになってしまっているので、もしかしたら発祥の地は福井。
有名になったのは長野県、さらに進化したのが群馬県桐生市かも
と想像していますが、本当にそうなのかはわからないですね。

くまらさんの福井説が実は正しいのかも知れません。
by suzuran (2010-01-24 00:21) 

swm104

私も、てっきり駒ヶ根だと思っていましたよ。
by swm104 (2010-01-24 00:37) 

citron

ソースかつ丼は子供の頃から普通に食べていました。
味噌カツもそうでが愛知は味噌もソースも昔からのようで
福井とかは知らなかったです。
by citron (2010-01-24 12:08) 

suzuran

swm104さん:
コメントありがとうございます。

確かに、私が聞いた最初の情報は駒ケ根でした。

駒ケ岳の千畳敷カールに行った時にも、駒ケ岳の
ロープウェイの食堂に、ソースかつ丼がありました。
by suzuran (2010-01-24 13:44) 

suzuran

citronさん:
コメントありがとうございました。

私も愛知県在住者ですが、周囲にはソースかつ丼を
提供するお店はありませんでした。

味噌カツは、犬も歩けばというぐらい当たりますが、
同じ愛知県でもエリアによる違いがあるのでしょうね。
by suzuran (2010-01-24 13:47) 

yukikaze

ソースかつ丼に関しての情報ですが、
ソースの種類によって発祥の地が異なるようです。
父の話では、昭和15年ごろに大阪にクジラ肉のソースかつ丼があったそうです。
ちなみに、肉の下にはネギもしくは玉葱が細かく敷き詰めてあったそうです。
また、大叔母の話では、大正のころにモダン丼という名前で、
デミグラスソースのようなソースをかけた豚カツのどんぶりがあったようです。
こちらは、ご飯の上に豚カツを乗せて、デミグラスソースのようなものがかかったものだそうです。
by yukikaze (2010-01-24 18:09) 

suzuran

yukikazeさん:
コメントありがとうございます。

ソースの種類にまでは考えが及びませんでした。

クジラ肉のソースかつ丼は、あくまでもイメージですが
美味しそうだなと思います。
給食が鯨の竜田揚げだった世代ですから。

豚カツにデミグラスソースは、長崎のトルコライスに
のっているのがそうですね。

一般的なソースかつ丼も、ウスターソースタイプとか
トンカツソース、さらに醤油をブレンドしたり、どこかで
食べたのは豚カツにソースがかかって、その上から
マヨネーズがかかっていました。

そのように考えると、発祥の地も、元祖も本場も、
いろいろなところになりそうですね。

by suzuran (2010-01-24 22:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました


Copyright (c) 2008-2015 suzuran All right reserved