So-net無料ブログ作成


ガリガリの女性に美しさを感じますか? [ヘルスケア]

ドイツでもっとも売れている女性誌「Brigitte」が、やせ過ぎたモデルの
問題に取り組むため、今後はプロのモデルを誌面で起用しないと発表した
という話題があります。

skinny_amour1.jpg

読者からの声として「モデルたちが普通の女性と違いすぎる」という不満
の声が、今回の決定に至った理由だと発表し、今後は「現実的な女性」を
モデルに起用するという方針のようです。


skinny_amour2.jpg

一つ捻くれた見方をすればプロのモデルにギャラを払って紙面を飾っても
読者から批判を受けるのであれば、費用対効果はないわけですし景気低迷
のご時世に、わざわざお金を使うのであれば、読者の中からモデルを募集
するとかの施策をして、読者の興味をそそり購買力に繋げた方が、複数の
意味合いで雑誌の販売に有利と言えると思います。

skinny_amour3.jpg

この女性誌の方針に対して、デザイナーのカール・ラガーフェルドという
白髪の老人(写真を見る限り間違ってはいないはず)は、ふくよかな女性
を見たがる人なんていない、痩せたモデルを醜いと非難するのは、ポテト
チップスの袋を抱えた母親だけだと、正面から痩せる努力をしない女性と
思われる方々を非難していますが、女性の美に対する価値観は人それぞれ
なんですから、ふくよかな女性を好きな人だって普通にいます。

skinny_amour4.jpg

要するに、このデザイナーは棒っきれのような凹凸のない体の方が自分が
デザインした服を着せやすいというだけのことで、もっと言うと立体的で
グラマラスな女性の体形に合わせたデザインが出来ない無能な人であると
自分で宣言しているのと等しいのではないかと思います。

skinny_amour5.jpg

「ファッションとは、夢やイリュージョンの世界であるべきだ」と語った
とされていますが、栄養失調のようにではなく、本当に栄養不良な状態や
拒食症の症状を持った女性に「夢」を感じますか?
またガリガリに痩せた女性に「イリュージョン=魔法」を感じますか?

自分が作ったデザインの服に合わせることを要求するようなデザイナーは
女性に「人間」を求めているとは思えません。

と言いながらも、この爺さんはシャネルやフェンディのデザイナーであり
いわゆる富裕層のお気に入りのデザイナーなんですよね。

面倒なので金持ちの価値観はバカなんだよというようにしてしまえば話は
簡単なんですが、それじゃ貧乏人の僻みみたいなきがしないでもないなと
ちょっと釈然としませんが、シャネルを着てれば美人と言うわけでもなく
シャネルを着ている丸っこい人もいるので説得力はゼロですな。

痩せることが美しい、痩せていなければ恋も出来ないというような価値観
をいつまでも引き摺ることを良しとする古い感性のデザイナーが退場して
男女ともに、内面の美しさで評価される時代が始まろうとしていると私は
思いたいですし、そういう時代が近づいていると信じたいです。

[特装版] 女性の品格―装いから生き方まで[特装版] 女性の品格―装いから生き方まで

親の品格 (PHP新書) 凛とした「女性の基礎力」 女性の品格 (PHP新書) 大人になる前に身につけてほしいこと (YA心の友だちシリーズ) 日本人のしきたり―正月行事、豆まき、大安吉日、厄年…に込められた知恵と心 (プレイブックス・インテリジェンス)

by G-Tools



Check(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました


Copyright (c) 2008-2015 suzuran All right reserved