So-net無料ブログ作成
検索選択


ジェラシー・浮気な恋だから [恋愛・失恋]

なかなか会えないからこそ、愛しく想う気持ちが強くなるということは、
多くの人が思春期の頃から経験していることだと思います。

jealousy2017-1.jpg

法律上で絆を確認する結婚という形式を経た後であっても、心と体はより
深く繋がりあえる関係を求めるというのも、これまた多くの人の心の中に
湧き上がり、強い倫理観で封印した人もいれば、間違いを犯すのも人間の
性であると理解して、気持ちの向くままに新たな恋愛に踏み出す人もいる
それは誰が決めることでもなく、自分の意志で決めることだと思うので、
個人の信条に従って、自由恋愛を満喫されれば良いと思います。


ただ、不倫の恋をしていると避けて通れなくなることが一つあります。
相手の人を好きになれば、好きになるほど、相手の人には妻が、そして夫
がいるということが強く意識されるようになるのですよね。

jealousy2017-2.jpg

お互いが本当に好きになったとしても、それぞれが家庭を壊して結婚する
ということは、とてもエネルギーが要りますし、それぞれの子どもや家族
勤務先の関係など、多くの関係を犠牲にしなければならなくなるわけで、
盛り上がってしまっている時には、愛は無敵だと思ってしまうものですが
全てを捨てて再婚した後で、家族を失ったことは自分にも非があると思う
けれど、友達まで失ったのは私一人が悪いんじゃないというような気持ち
が湧き上がってきて、結局、結婚がしたかったのではなく恋がしたかった
ということに気付くことが多いものです。

jealousy2017-3.jpg

そんなことを計算しながら恋愛が出来れば、それはある意味とてもきれい
な恋愛なのかも知れませんが、ドロドロとしたところがあってこそ本当に
気持ちと気持ち、身体と身体が繋がりあえる恋愛でもあると思うわけで、
なかなかスマートでサッパリとした大人の関係を構築する難しいです。

jealousy2017-4.jpg

大好きになった不倫関係の相手の人に夫や妻がいることを、忘れることは
難しいかも知れませんが、自分以外の人とセックスをしていることを想像
したり、自分ならもっと大切にして上げられるのにと考えることは、極力
しないようにするのが、不倫関係を穏やかに長続きさせる、秘訣なのかも
知れませんね。

jealousy2017-5.jpg

本当は嫉妬心があっても、冷静そうにふるまうのは結構難しいものですが
相手の人に不安感を持たせるのも嫌だし、ジェラシーに翻弄される自分と
いうのも、第三者的には相当隙だらけになりそうなのが読めているので、
あえて、ジェラシーを感じていることは表に出さないようにしていますが
そんな努力とは関係なく、見抜かれてしまうのが男なのかも知れません。

おんなの浮気 (ちくま新書)おんなの浮気 (ちくま新書)

妻の浮気―男が知らない13の事情 (新潮新書) 不倫のリーガル・レッスン (新潮新書) 男と女…―セックスをめぐる五つの心理 不倫のルール―一生懸命な恋は女を美しくする 悪女の老後論 (平凡社新書)

by G-Tools



Check(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました


Copyright (c) 2008-2015 suzuran All right reserved