So-net無料ブログ作成
検索選択


犯罪者にかかる経費 [事件・事故]

逮捕に要する警察官の人件費とか、装備にかかる経費などの間接的に必要
なお金ではなく、国選弁護人や移送費用、被害者に対する国家賠償などの
お金でもなく、単純に刑務所に収監されている犯罪者に対して、どれだけ
の費用がかかっているのかという話が報じられていました。
なんと、一人当たりの年間予算は248万円なんですよ。

prison-in.jpg

囚人たちは、牢屋に放り込まれてはいるものの、週に数回の入浴も出来て
一日三度の食事も出て、健康管理のためのラジオ体操もさせてもらって、
外部からの襲撃を受けることも無く、被害者からの報復も受けることなく
のうのうと暮らしているわけなんですが、その一人の囚人に対してかかる
金額が全て国民の税金から賄われる248万円なんですよ。


一所懸命働いて税金を引き抜かれ、派遣の場合には会社からも搾取されて
家賃を払うことも出来ないような所得にしかならない人が実在するだけで
犯罪を犯しておきながら、税金を食い潰しているのが74,571人だそうで、
この犯罪者たちに248万円の金額を掛け算すると年間1849億3608万円です。

これは刑務所に収監されている刑期の確定した受刑者ですから、拘置所で
暮らしている未決囚や確定した死刑囚は含まれないわけです。

どうして、真面目に働いている人が犯罪者よりも少ない年収で生活をして
いかなければならないのか?
なんだかとっても不条理な気がするのですが、こういうことについて何か
物申す政治家というのはいないのでしょうか?

政府は予算を増やして、再犯防止策を強化すると言っていますが、殺人犯
で情状酌量のない場合は、人数に関わらず全員死刑にするとか、性犯罪者
は去勢して釈放とかすれば収監者はかなりの割合で減らせるのではないか
と思いますが、なぜ、そうしないのでしょう。

少なくとも性犯罪者の再犯率は高く、矯正の効果はないというのは各国の
警察関係者もよくコメントしていますから性行為そのものが不可能という
施術をしてしまえば、それでいいのではないかと思います。

また、死刑囚についても、確定したら三ヶ月以内には執行するとかの本来
の規則の厳格な適応を考えれば良いのではないかと思います。

誤解しないで欲しいのは、殺人犯は全員死刑だとは言っていません。
介護疲れとか、先天性の障害を持って生まれた子の将来を悲観したとか、
極限状態まで追い詰められて自分の身体の一部を削り取るような思いから
人を殺した人と、快楽だけのためとか、金銭を奪い取ることが目的だとか
強盗事件の犯人のように逃げるために殺した、なんていう事例とは元々が
一緒にするべきではないと思います。

後者については、事実が確認できれば自動的に死刑判決が出て執行命令を
待つまでもなく執行すればいいと思います。

現在は総務大臣の鳩山邦夫元法務大臣が法務相の時に発した発言が当時は
批判されましたが、この方の前の前の法務大臣のように個人の信仰により
死刑執行を拒否されたりしたら、その方が余程、大きな問題だと思うので
半自動化も致し方なしと思います。

死刑廃止論者の方々は、現実味のない廃止論よりも、被害者の家族の救済
に真剣に取り組んでいただきたいものだと思いますが、死刑囚にも人権は
あると言いたいのならば、被害者を生き返らせて、被害者の人権の復権を
成し遂げてから言ってもらいものだと思います。

とにかく、犯罪者が真面目に働く一般社会人よりも豊かな暮らしをすると
いうのは絶対に是正されなければいけないことだと思います。

死刑の理由 (新潮文庫)死刑の理由 (新潮文庫)
井上 薫

裁判官が見た光市母子殺害事件―天網恢恢 疎にして逃さず 司法のしゃべりすぎ (新潮新書) 死刑弁護人 生きるという権利 (講談社+α文庫 (G175-1)) 愛と痛み 死刑をめぐって 元刑務官が明かす死刑のすべて

by G-Tools



Check(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。


Copyright (c) 2008-2015 suzuran All right reserved