So-net無料ブログ作成
検索選択


不倫も一種の純愛である [恋愛・失恋]

不倫という言葉には非常に強い嫌悪感を覚えるという人もいますが、逆に
そのような関係に憧れているという人もいて、人それぞれに言葉に対する
イメージや想いは異なるものであることがわかります。

hand_in_hand.jpg

世の中の全ての人間が同じ方向を見ていたら、そりゃかなり気持ち悪い話
になってしまうので、いろいろな考え方を認め合う多様性が大切であると
思いますし、そういう視点で見たとした時、不倫も一つの純愛ではないか
と私的には思います。


furin-4.jpg

不倫をトコトン許せないと書いてある本の著者の方は、不倫関係を一組が
結ぶことによって、どれだけの人間が傷つくのかという視点で不倫という
関係を糾弾されているわけですが、親や兄弟、配偶者を傷つけないために
自分自身は愛の冷めた結婚生活を続けるという忍従を強いられても仕方が
ないという視点が私には今一つ理解できないというか納得できません。

と言うか、一つの常識として不倫をあえて家族に公表するなんてことは、
普通はしませんから、不倫関係が成立したというだけのことで家族や親族
を傷付ける何てことは、あり得ないと思います。

furin-1.jpg

婚姻関係が破綻している、または、結婚している二人の間に何らかの問題
または、問題とまではいかないまでも小さな棘があるがために、配偶者の
他の人に愛を求めるのではないかと思いますが、どうなんでしょう。

また、ここ数年の傾向として愛も恋も関係なく、ただ肉体的な焦燥感から
渇きを満たすためのセックスをする関係(いわゆるセックスフレンド)を
作るという動きもあり、これなどは心が繋がっていないわけですからね、
不倫だとは言えないような気がしないでもありません。

furin-2.jpg

動物的な本能で言えば、オスはとにかくなるべく多くのメスに自分の精子
を注ぎ込みたいと考えますし、メスはより優秀なオス(外見、知力、体力
生命力がある)の精子を受け入れたいと考えているわけで、選択肢の中に
独身限定という括りはないと思うんです。

だから理想的な結婚相手は、経済力があり、干渉しない、優しいタイプで
不倫相手はお金がなくてもいいから、優秀な子どもを残せそうなタイプが
選ばれるという説もあります。

つまり不倫相手の子どもを作り、結婚相手の財力で優秀な子に育て上げる
というのが、したたかな女性の画策する結婚生活だというわけです。

furin-3.jpg

ですから、経済面や生活面などの打算的な面だけで繋がっている結婚より
本当に相手の子どもを産みたい、と考えて繋がっている不倫関係の方が、
より純粋な気持ちで関係を継続している純愛なのではないかというように
私は思いますし、賛同者の有無はともかく一つの考え方だと思います。

また婚姻関係を結んでいても、セックスの相性が悪いからとか疲れるから
というような理由で、一ヶ月以上もセックスをしていない関係だとしても
それぞれに恋人がいたとしたならば、恋人とのセックスや恋愛関係の醸成
によって婚姻関係の方でもセックス以外の面では相手のことを理解しよう
というような相手を慈しむ気持ちが出てくるのではないかと思います。

不倫関係の形もいろいろなら、愛の形もいろいろで、単に婚姻関係以外の
恋愛は全て否定して、婚姻関係の修復に励むべきであるという論調に適合
するような人生を送るには、人の一生は短すぎるのではないでしょうか?

いろいろな恋をして、いろいろなセックスを体験して、一度きりの人生を
充実させて思い残すことなく死んでいけたら、そんな幸せな人生はないと
私は思いますし、それも一つの男と女の情熱だと思います。

furin-5.jpg

人に迷惑をかけるからと萎縮して、自分自身の人生を楽しめなかったら、
折角、この世に生を受けたのにもったいない気がしませんか?

とにかく不倫も立派な純愛だと私は思っています。
韓国のように姦通罪がある国では、こんなこと書けないな。

不倫幸福論 (幻冬舎文庫)不倫幸福論 (幻冬舎文庫)
有川 ひろみ

純な恋―不倫のルール365 (だいわ文庫) 不倫のルール―一生懸命な恋は女を美しくする 愛人の掟〈1〉 (角川文庫) 不倫の恋も恋は恋 (幻冬舎文庫) 愛人の掟〈2〉 (角川文庫)

by G-Tools



Check(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました


Copyright (c) 2008-2015 suzuran All right reserved