So-net無料ブログ作成


電車の中で偶然見ちゃった光景 [下世話な話]

普段の通勤は田舎ですから車通勤ですし、休みの日も郊外型スーパー等に
行くことが多いので、電車に乗るのは月に1-2回の出張の時ぐらいですが
それでも電車の中では思わず、はぁ?と思ってしまうような光景を見る事
がありますから、不思議と言うか、何と言うかという感じです。

up-skirt-pantie-5.jpg

数年前の出張帰りの京葉線でのこと。
別に覗くつもりなんか全くありませんが、俗に言うところの大股開き状態
で若い女性が座っていました。


up-skirt-pantie-1.jpg

最近は見せパン(見せることを想定しているパンティ)を履いているとか
いろいろな理由で、ミニスカートのミニの度合いもアップしているような
気もしますし、エロカワとか実際のところは私にはよくわからない芸能人
が持て囃されたりして、パンティやブラジャーが見えるのも当り前みたい
な風潮が一部であるのか、ないのか、それもよく解りませんが、ともかく
目のやり場に困りましたという話がしたかったわけです。

up-skirt-pantie-2.jpg

時にはエッチィ話も書いたりしていますが、普段からナンパしたりとか、
そんな事をしているわけではないので、いくら昼間でも女性が下着丸見え
の状態で電車に乗っているのはねェ、如何なものかと思います。

それと、別の話ですが東海道線での出来事。
満員状態の電車の中で、あ~あ、うんざりだなと思いながら乗っていると
目の前のカップルが仲良さそうに話をしていました。

up-skirt-pantie-3.jpg

満員電車もラブラブカップルには気にならないんだろうねぇ、なんて事を
思いつつ視線を下の方に向けて行くと、なんと女性が相手の男性の股間を
下から上へ、上から下へと撫でているではありませんか。

はぁ?見たくもないけど、見えちゃったものは仕方ないです。
いつまでやっているんだろうと、乗り換えの駅までチラチラと見ていると
結局、最後までズーッと股間を撫でつつ会話をしていました。
不思議なカップルと言うか、一体何があったんでしょうね。
最近になって、性の悦びに目覚めてしまったとか…。

up-skirt-pantie-4.jpg

人のコトなんで、どうでもいいと言えばその通りなんですが、満員電車の
中で股間を撫で続けるというのもなかなか度胸がありますよね。

後、ある都市の地下鉄で見た人は、座席に座っているお客さんの膝を順番
にセボンセボンと言いながら、軽くポンポンと叩いて移動していました。
なんだか関わらない方がいいかなと思ったので目を合わせないようにして
ドアの横に立って見ていました。

電車の中は、一種の不思議世界だと私は思っています。

電車の中の迷惑なヤカラ図鑑電車の中の迷惑なヤカラ図鑑
大崎 メグミ

左遷論 - 組織の論理、個人の心理 (中公新書) 今なら間に合う   脱・貧困老後 下り坂をそろそろと下る (講談社現代新書) なぜ日本人はご先祖様に祈るのか ドイツ人禅僧が見たフシギな死生観 (幻冬舎新書)

by G-Tools



Check(48)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 48

コメント 4

未来

恋は盲目、というのは分かるのですが、
人に見て貰わないと興奮しない人たちもいるとか、
心の荒廃の一端ではないでしょうか。
by 未来 (2010-09-20 05:45) 

suzuran

未来さん:
コメントありがとうございます。

性癖・性格的な部分は、本人の嗜好性の問題なので
自分達の淫らな姿を見られたいという発想自体はあり
だと思いますが、電車の中とか公共の場所では少々
問題ではないかと思います。

自分達が場所を設定して、そこに同好の士を招くとか
そういう趣味の集まりとかありますから、そこまで
出向けば良いと思います。

法に触れない限りは、好きにしてもらえば良いですが
法に触れなければ何をしても良いわけではないと思います。

by suzuran (2010-09-20 07:09) 

やぎこ

ご訪問&niceありがとうございます^^
電車の中って
いろんな出来事が起こっているのですね・・
知りませんでした^^;
セボンセボンと膝を叩かれた人は
どう感じたのか謎ですね・・
by やぎこ (2010-09-20 09:48) 

suzuran

やぎこさん:
コメントありがとうございます。

膝を叩かれた人達は、一様に銅像のように
固まっていましたよ。
by suzuran (2010-09-20 19:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました


Copyright (c) 2008-2015 suzuran All right reserved