So-net無料ブログ作成


離婚の理由・風俗通いの夫 [恋愛・失恋]

同じ番組で登場していた理由の中に、風俗通いが許せなかったというのが
ありましたが、これはどうなんだろうなぁ、素人との浮気は許さないけど
風俗遊びは仕方ないと答える人が以前は割りと多かったのですが、やはり
こういう部分でも女性の考え方は変わってきているという事でしょうか。

私自身は風俗遊びというのは無縁で、せいぜいお付き合いでキャバクラや
外国人パブに行くぐらいなんで、性感染症については絶対にない!と保証
出来るぐらいなんですが、好きな人は本当に好きなんですよね。


pantie-job-1.jpg

私の知り合いで一週間で10件のピンサロやファッションマッサージに通う
という事を続けていたのがいましたが、さすがにクレジットカード会社の
ブラックリストに載ってしまったので足を洗ったと言っていました。

pantie-job-2.jpg

本人が言うにはオスの本能で、色々なメスに種付けをしたいという欲望に
抗いきれないと持論を展開していましたが、早い話が自分の欲望を自分で
抑制する事の出来ないサルと一緒という事では?と聞いたら黙りました。

風俗通いをしている人、全てがサルと一緒とは言いませんが、お金も必要
なことですから控えめにされるのが宜しいのではと存じます。

後、それと関連したような話で、夫から性病を移されて離婚を決意したと
いう意見もありましたので、失礼ですが笑ってしまいました。
少なくとも奥さんがいるのなら、コンドームを使って予防措置はしっかり
としなさいよ、という感じですよね。

pantie-job-3.jpg

不倫などの個人的に知り合いの関係なら、双方が病気に対する備えは万全
という確証が持てるかもしれませんが不特定多数の人が利用している性器
に無防備にナマで入れてしまうという勇気と言うか非常識さは理解の範疇
を超えていますから、性病を移されたという直接的な被害も確かにあると
思いますが、リスク管理が出来ないレベルの低さに愛想を尽かしたような
部分も多分にあると思いますが、どうかな?

後、コンドームも使わずに他の女性とセックスをしたという感情的な部分
も確実にあるのではないのかな。

pantie-job-4.jpg

ただ、一つ覚えておいた方がいいのは、ガンジダ膣炎はSTDとはされて
いますが、女性自身の大腸内にも原因菌が潜んでいます。

体調があまり良くない時にセックスをした際に、肛門周辺にいる菌が膣内
に入り込んだ場合(膣内に菌が入り込むという事は膣口と肛門の位置関係
で仕方ないみたいで、普通にあることです。)通常なら自浄作用で殺菌が
出来るのですが体調が悪い場合は菌が繁殖してガンジダ膣炎になります。

まあ、そんなわけで風俗通いをするのなら手持ちのお小遣いの範囲内で、
さらにコンドームを使って、ヘンテコな病気をもらわないように注意して
浮気は男の甲斐性なんて言葉も今では全く流行りませんから、奥さんには
バレないようにされることをお勧めします。

pantie-job-5.jpg

男がいろいろな女性と交わりたいという願望は否定しませんが、手段方法
をきちんとしましょうということかな。

風俗お作法 (てぃんくるbooks)風俗お作法 (てぃんくるbooks)
松沢 呉一

売れる女 売れない女―いい女を仕立てるハダカ業界20の作法 (モノホシブックス) かしこい風俗嬢マニュアル《新装版》 擬似恋愛 ある風俗嬢の告白 60分ロマンス―風俗ゼミナール体験編 風俗ゼミナール 上級・お客編

by G-Tools



Check(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました


Copyright (c) 2008-2015 suzuran All right reserved