So-net無料ブログ作成
検索選択


突然!イッテしまう病気 [ヘルスケア]

ディープキスは、性的興奮を誘引する化学物質を分泌する効果がある、と
アメリカの人類学者が発表したそうですが、そんなことはわざわざ学者が
記者会見で発表するまでもなく、口は第二の性器と言われているぐらいに
性的快感に関係しているということは多くの人が体験的にも知っていると
思うんですけどね、何事も理由付けをすれば学説になり、一般人の体験談
だと風説で済まされるというのは如何なものかと思います。

そんな誰にでもわかっているようなことよりも、もっと詳しく解明したら
確実に人々に感謝されそうな病気として永続性性的喚起症候群という長い
名前の病気があります。


ecstasy-3.jpg

あまり聞いたことのない病名だと思いますが、病名の通りにどんな状況の
時でも、永続的に性的な感覚が強くなっていて、本人の意思に関係なく、
喚起=性的快感を得てしまうという病気です。

ecstasy-5.jpg

この病気になると日常生活の中のほんの些細なことで、性感を刺激されて
オーガズムを感じてイッテしまうという症状が出てしまう、ということに
なるのだそうで、英国やアメリカの医学会でその対処法についての研究が
進められているようです。

ecstasy-1.jpg

原因もはっきりとは解明されていないのですが、長い期間、性的な刺激を
受けていない人が潜在的な欲求不満の解消という意味合いで発病するかも
なんて感じで、まだまだ仮説の段階らしいのですが、当事者にとっては、
恥ずかしくて死んでしまいたいと本当に自殺してしまった人もいるぐらい
深刻な事態を招いてしまう病気のようです。

ecstasy-2.jpg

日本でも何万人に一人の割合で存在する、という統計値上の患者数は予測
されているみたいですが実在するのかどうかは個人情報保護の観点からも
秘匿扱いになっているので不明です。

ecstasy-4.jpg

どんな本で読んだのか思い出せないのですが、最近、続けて別々の記事を
読んだ記憶があるので、もしかしたら日本でも発生したのかもですね。

誤解してはいけないのは、突然セックスがしたくなるという病気ではなく
自転車に乗っていたり、友達と会話をしているだけで唐突にスイッチオン
の状態になって、性的快感で上り詰めてしまうということですからね。
自分の身近にいたら介抱してあげるのにという話ではないですよ。


Check(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 14

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。


Copyright (c) 2008-2015 suzuran All right reserved